20代でもストレスは最大の再就職理由

社会人になってから長く様々な環境で働いてきた人であっても20代で再就職を決断する事があります。20代となれば社会人になって20数年目になるわけですので良い事も悪いことも経験してきているはずです。

 

20代再就職したい事すらも乗り越えてきているはずなのに、家族の反対もあるなかで決断した方々。その彼らは何を理由で、どんな仕事と生活を目的に転活をスタートしたのでしょうか。それをみていきます。

 

私が20代半ばにして再就職する意思を固めたのは、上司の偏った評価が一番の理由です。私は技術系サービス業の責任者として長年にわたり勤めていましたが、直属の上司やそれを取り巻く上司は、好みの女性やYesマンな部下に対してと、明らかに仕事ができる、つまり頭のキレる部下に対しての評価は明らかに異なっていました。上司の評価や矛盾が無ければ、20代再就職しようとは思わなかったと思います。

 

実際にこの年齢で20代再就職しようとすると、当然ながら家族の理解が一番大切でしょう。妻とは同じ職場で出会ったこともあり、理解してもらうのに時間は掛かりませんでした。実際に退職したことで、これまで常にあった「ストレス」は無くなり、晴れ晴れとした気持ちで毎日を過ごすことができています。

 

とは言え、20代再就職に不安が無かった訳ではありません。

 

次はどんな仕事をするのか?次の職場の環境はどうなのか?畑違いの仕事だとしたらやっていけるのか?色々な不安が、常に浮かんでは消える毎日でした。「住めば都」と言いますが、仕事や職場も同じだと思っています。初めは誰でも初心者ですし、分からないことだらけですが、年齢を理由に自分自身のプライドを固めすぎることなく、分からないことは若い先輩であれ女性であれ素直に質問し、素直に受け止めるよう心掛けることで、職場へ馴染むのも早かったように思います。

 

若いうちは何度でもやり直しが効きますが、20代ともなれば定年までの年数を数えた方が早く、老後についても視野に入り20代再就職に踏ん切りがつかないこともあります。しかし、ストレスを感じ、そのストレスの原因について解決が可能なら続けていく意味がありますが、解決の見込みがない状態であれば20代再就職を考えることもひとつの手段だと思っています。ストレスによって無理して体を壊し、入院し、最悪は亡くなってしまい家族との時間を過ごすことができなくなっては人生勿体ないですからね。

 

20代は退職する前に次の会社を探すこと

家族の心配があるはずです。退職して自由時間で職探しをするとこのように思わぬ事に直面します。すなわち書類で戻される、35歳以上は採用されないなどはザラにあります。まだまだ働けるのに。なので今の仕事をしながら次の会社を探すようにしましょう。

 

おすすめ20代再就職サイト

 

再就職する際に使うとよいサイトを紹介しておきます。
20代再就職のススメ | 人材会社を活用し正社員の難しいを解消!

 

 

 

20代からの再就職は「やりがい」を重視することが大事

20代の前半に、事務職から販売業に再就職をしました。20代で再就職をしようと思ったきっかけは、以前から、一日中パソコンの前に座って仕事をしているよりも、体を動かしたり人と接する仕事の方が、向いているのではないかと思っていたからです。それと、話をするのが好きだったのでいつか20代再就職したいと思っていました。

 

20代再就職を成功させるには、まず自分の適性をしっかり見極めることが大切だと思います。自分に合わない仕事は、長期的にみると結構ストレスになるからです。それと、以前より就業時間が長くなる分、家族の理解を得るのも大切な事です。仕事に慣れるまでは、今までできていた家事などもできない事が多くなります。

 

 

20代の再就職は、期待と不安がありましたが、一度きりの人生なので、思い切って決断しました。20代なので、給料は前よりも下がりました。半年以上働けば、給料アップのチャンスも出てくるので、なるべく長く働きたいと思っていました。給料はダウンしても、やりがいがあれば仕事をしていても楽しいものです。販売業は年をとってもできるので、定年に向けて頑張りたいと思います。販売業といっても、今の時代はパソコン関係の資格があるか、パソコンスキルがある方が仕事がしやすいため、今もパソコンの勉強を続けています。

 

20代から再就職した当時は、今よりもパソコンの知識が足りなかったため、とても大変な毎日でした。販売士などの資格もあった方が良いのかもしれません。再就職でやりがいを見つけられた事が何よりの収穫でした。